arts&crafts

業務コンサルティング

単なる「見える化」から、
「確かな成果」を目指す。

アーツアンドクラフツでは、戦略コンサルティングの案件に携わる一方、
業務フローの改善による業務負荷軽減であったり、間接材の調達コスト見直しなどのコスト削減分野のプロジェクトも数多く手がけています。

業務改善にしろ、ソーシングにしろ、組織改変にしろ、大事なのはまずAs-Is、つまり現状を正確に認識することです。
但し、それのみでは「見える化」だけで終わってしまい、その後の改善にはつながりません。

アーツアンドクラフツでは、自身での事業や数多くの業界・部門におけるコスト削減の取り組み経験を活かし、
クライアントにとって「確実な成果」を得られるよう実現性の高いサービスを提供しています。

プロジェクトの内容

業務コンサルタントのプロジェクト内容は、主にコスト領域の実行支援フェーズとなります。
内容としては、コストの中でも「人件費」や「業務委託費」などに該当するヒト周りの負荷軽減を対象とします。
その負荷軽減効果を活かし、従業員はより付加価値の高い業務に専念することが可能となります。
組織改変支援などの分野も実行支援フェーズでのコンサルティングサービスと言えます。

プロジェクトの例

アーツアンドクラフツでは、戦略コンサルティングと業務コンサルティングの双方を行っていますが、
「業務コンサルティング」の領域として参画するプロジェクトとしては以下のようなものがあります。

  • BPR、業務改善支援

    業務プロセスの見える化、改善点の洗い出し(実績:製薬会社、化学品、エンターテイメント、公共サービス、観光業など)

    シェアードサービス等組織変革支援

  • 官庁業務支援 ※主な実績

    環境省
    日中韓三カ国環境大臣会合(平成26年度大邱、27年度上海)
    総務省
    講演会「情報通信が支える次世代のITS」(平成26、27、28年度)
    防衛省
    防衛省シンポジウム(平成26、28、29年度)
    経産省
    PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会(平成28年度全国14会場)
    外務省
    第7回東京対話「中央アジア・シンポジウム」

BPR
(Business Process Reengineering)
の流れ

アーツアンドクラフツでは、
特に業務コンサルティングの中でも
BPRの経験を豊富に有しています。
様々な業界、部門での取り組み経験および実績をもとにクライアントに対して、的確な改善ポイントをご提案いたします。

  • 現状分析(As-IS)

    ヒアリング/アンケートにより、現在どのような業務をおこなっているのか棚卸しを行う

    ケースによっては対象従業員の行動観察まで行う

    最終的に業務時間を洗い出し、改善効果の高い業務を抽出

  • 改善フロー設計
    (To-Be)

    集約化、標準化、簡素化、自動化などの手法をとり、改善を作成

    必要に応じて、現場従業員チームとポストイットセッション等を行い、現実的なフローに落とし込む

  • 定着支援

    新フロー作成後、実際に現場従業員が実行できるようにサポートを実施

    ー 業務マニュアル/SOP作成
    ー トレーニングセッションの実施
    ー ヘルプデスクの設定