arts&crafts

STAFF CROSS TALK

職人&生産管理事務

職人 工房長
石川 雅基
職人
須藤 千晶
生産管理事務
荻原 京

お客様の想いを、
リングというカタチに込めて。

アーツアンドクラフツが運営するオーダーメイド
ブライダルリングのブランド「ith(イズ)」。
お客様一人ひとりのご要望に合わせて世界にひとつの
リングをつくり出すという工程には、
どんな想いやこだわりが込められているのでしょう。
リングの製作に携わる3人が語ります。

一人ひとり違うこだわりを、
忠実にカタチにした
リングをつくる。

石川
ジュエリー職人の仕事は、お客様がお選びになったデザインにそってリングを1から製作していくというものです。ithでは、多くのコレンクションが用意されていて、それをベースにセミオーダーしたり、まったくオリジナルのデザインでフルオーダーしたり、さまざまなパターンで注文ができるので、いろんなご要望に柔軟に対応できる技術が必要となります。そこが、ithのジュエリー職人の難しさであり、面白さでもありますね。

荻原
生産管理は、お客様のご注文内容をもとに、実際にリングをつくる工程を組んでいくという仕事になります。このデザインならこういう加工が必要なのであの職人に任せようといったコーディネート的な業務や、お客様のご依頼の意図を担当のつくり手さんに再確認して職人に伝え直すといった工程の連携サポート、さらにご依頼通りにリングが仕上がっているかを確認する検品作業など、その仕事は多岐に渡ります。

ithは受注生産なので、リング一つひとつに込められたお客様の想いもすべて違います。だからこそ、その想いをきちんと把握し、想いをカタチにしたリングをお客様に届けるためにあらゆることに対処する。それが私たち生産管理の仕事なのです。

スタッフ間の
コミュニケーションが
活性化する、
ユニークなフロア。

石川
ithのリングづくりは、お渡しするお客様が決まっているので、その方のために気持ちを込めてつくることができます。そこは、誰が手に取るのかわからないリングをひたすら大量に製作する大手メーカーのスタンスとは全然違いますね。

須藤
それでいて、工房の設備は大手メーカー並みのハイグレードな機材がそろっているんです。レーザー溶接機もあるので、高品質な仕上げを短時間で行うことができます。

石川
工房もそうですが、工房が置かれている会社のフロアにも特色があります。僕らのような職人と、生産管理はもちろんシステムエンジニアやコンサルタントといったデスクワークのスタッフが、同じフロアに同居しているという(笑)。

でも、これってすごくいい部分もあって。以前、完成した商品をきれいに写真で残そうという話があった時に、完成から納品までのわずかな時間で撮影してくれるカメラマンをどう手配するかということになったんです。すると、違う部署の人が、僕でよかったら、と手を挙げてくれたんです。カメラを使える人材がすぐそばにいたんですね。思いがけないかたちで、いいコラボが実現しました。

荻原
生産管理の立場としても、ワンフロアでいろんな部門とコミュニケーションを図れるのはいいですね。検品して少し手直してほしい時なども、すぐ近くに職人さんがいるので頼みやすいし、その場でさっと調整してくれます。ほかにも、注文データを登録するシステムに使いづらい部分があったら、エンジニアさんがすぐに修正してくれたり。会社全体がとてもスムーズに連動、連携しているという印象はありますね。

お客様の想いに
どれだけ近づけるか。
それが、すべての原動力。

石川
ithのリングづくりは、時間が許す限り、納得できるまで作業に取り組んでいます。本当にそれぞれオーダーが違いますし、結局、正解がないんです。お客様が描いているであろう理想のカタチをイメージしながら、できる限りそこに近づけていく。期限ギリギリまで手を動かせる体制や環境が整っている、この会社だからこそできることかもしれませんね。

須藤
私もお客様のこだわりのポイントを毎回意識しながら、製作するように心がけています。たとえ同じデザインでも、お客様が気に入っているところが違えば、つくり方も多少変わってきます。実際には同じカタチに見えても、つくる側の感覚では確かに違っている。そういう姿勢は、これからもこだわっていきたいと思います。

荻原
私は“自分がお客様だったら”と考えながら、つねに仕事をするようにしています。例えば、ペアのリングにそれぞれ色石を入れる時なども、仕入れた材料の中から色味や形が最も近いものを選ぶようにしています。

お客様は気づかないかもしれませんが、ペアリングの色石の色味が微妙に違っていたら、自分ならちょっと残念に感じるかもしれません。こういうふうにお客様の気持ちにどれだけ近づくことができるか。そこには、強いこだわりをもって生産管理という仕事に取り組んでいきたいと思います。

  • 石川 雅基
    氏名
    石川 雅基
    (ISHIKAWA MASAKI)
    職種
    職人
    経歴
    ヒコ・みづのジュエリーカレッジ卒業後、ハイジュエリーの製作・販売会社に入社。その後、国内大手ジュエリーブランドにてシルバーの量産商品やマリッジ・エンゲージ商品の製作、原型製作、修理、チーム管理などに携わる。
    アーツアンドクラフツとの出会い、入社の決め手
    前職では量産品が多く、誰のため商品をつくっているかわからない状況だった。ithはお客様から注文を受けて製作する体制で、職人もお客様に近い距離にあり、この環境で働きたいと思った。
  • 須藤 千晶
    氏名
    須藤 千晶
    (SUDO CHIAKI)
    職種
    職人
    経歴
    ブライダルジュエリーの制作、時計の磨き・事務、接客、お客様の希望する絵や文字デザインを考え、リング(WAX)に手作業で彫り込む。
    アーツアンドクラフツとの出会い、入社の決め手
    社内に様々な分野のプロがいて広告やシステム等、ジュエリー以外にも強みがあり、異なる業種の人たちが同じ空間で一つの同じ目的に向かっているのが面白そうだと感じた。また、お客様のオーダーがそれぞれ異なるため、ひとつとして同じ製作方法がなく、毎回試行錯誤することで自分のスキルを高められると思い、そこに魅力を感じた。
  • 荻原 京
    氏名
    荻原 京
    (OGIWARA KEI)
    職種
    生産管理
    経歴
    新卒(ヒコ・みづのジュエリーカレッジ)
    アーツアンドクラフツとの出会い、入社の決め手
    そもそも長く愛されるモノづくりに従事したいという思いがあり、モノづくりに重きを置いたジュエリーブランドを志望していた。創業間もないブランドの成長を肌で感じられるのは、貴重な機会だと感じた。